ムダ毛の自己処理で起こりやすいトラブルとは

毛抜きやカミソリ、クリームや家庭用脱毛器を使ったムダ毛の自己処理はいつでも気軽にできること、そしてエステや病院で脱毛するよりも費用が安くできるのが魅力です。

しかし方法を間違えると肌にトラブルを引き起こしやすいです。
中でも最も肌トラブルになりやすいのは毛抜きやカミソリです。

肌トラブルの1つに毛抜きやカミソリを使って開いた毛穴からばい菌が入って化膿する「毛のう炎」があります。
症状が軽いうちは放置しておけば治りますが、症状がひどくなり化膿して痛みや熱を持つようになると病院で治療が必要になります。

もう1つ起こりやすい肌トラブルに自己処理後に皮膚の中再度毛が生えてしまう「埋没毛」があります。
埋没毛が起こる原因は毛抜きを使った時に途中で根元から毛が抜けずに途中で毛が切れてしまい、毛の先が斜めになって皮膚の壁にひっかかり出てこれなくなることが挙げられます。

埋没毛になってしまったら無理に毛を抜こうとせずに自然に皮膚の外に出るまで放置しておく必要があり、自己処理も注意した方がよいでしょう。
一度埋没毛になると再発しやすいと言われており、最悪の場合は皮膚を切開して毛を取り出さなければなりません。

これらのトラブルにならないための方法はいくつかありますが、自己処理後をした部分はできれば消毒をすることが望ましいです。
更には脱毛後はお肌が大変乾燥した状態ですので保湿をしっかりと行いましょう。

カミソリを使う時はクリームなどを使用してお肌を傷めないようにし、毛が生えている向きに剃って使用することです。
ちなみに以前と比べると最近はエステサロンでは安い費用で脱毛ができるようになりました。
自己処理後のトラブルに悩まされている人やアトピー肌や乾燥肌などお肌が弱い人はできればエステサロンなどで脱毛を行った方が安心です。
うなじ 脱毛

私が脱毛した理由

私は数年前にレーザー脱毛を経験しました。

なぜ私が脱毛をしたかについてお話したいと思います。

昨今、肉食化している女性が増えているというニュースを見聞きすることが増えましたが、私もその一人かもしれません。

性格がどうこうというよりも、体質的に男性ホルモンが強いのか、全体的に体毛が濃く、昔からコンプレックスに感じていました。

特に学生時代、水泳の時間が嫌で嫌で仕方ありませんでした。水着になるのが嫌だったからです。

前日にカミソリで剃れば、黒いブツブツの状態で翌日の授業時には生えてきますし、1本1本抜くのは痛いですし、かなりの労力が必要でした。

社会人になってからも、スポーツジムで泳ぐ機会が多く、いっそのこと脱毛をしてしまおうと考え始めたのがきっかけです。

脱毛をしたのは、両脇と両膝とVラインです。

レーザー脱毛で施術中に痛い思いをしましたし、何回も通うのが大変で、お金もかかりましたが、結果的には脱毛をして良かったと思っています。

数本ほど脱毛残しの毛はありますが、9割以上の毛はいまだに生えてきていません。

プールや海に入るときには、簡単にカミソリで脱毛残しの毛を剃るだけで済みます。

自分の濃い体毛にあんなに悩まされていたのが嘘のように、毛の処理が圧倒的に楽になりました。

もし脱毛を検討されている方がいれば、私は脱毛することをお勧めします。

脱毛をするならば、早ければ早いほうが良いです。それだけ自己処理に煩わされなくて済むのですから。

カテゴリー
お気に入り